L

オオバン・・大橋川と新川の合流点 2013.04.04 

ツル目・クイナ科・オオバン属。漢字では大鷭。バンよりも大きいのでオオバン。同じクイナの仲間には有名なヤンバルクイナがいる。ちなみに漢字で水鶏と書いてクイナと読む。調べてみると、オオバンは日本では夏季に北海道、本州、九州で繁殖し、冬季になると本州以南で越冬すると書いてある。この2羽(ツガイだと思う)は南から渡ってきたのか、それともこの地の留鳥なのか。
水鳥の水かきには大きく分けて2種類あり、カモや白鳥の様に指の間に膜が張った蹼足(ぼくそく)と指に木の葉状の膜が付いている弁足(べんそく)がある。オオバンの逞しい弁足が、この画像でもハッキリ分かる。

Mhome01
item2item5