L

オランダカイウ・・新川 2013.04.18 

『オランダ海芋』海芋とは海外の芋の意味。サトイモ科・オランダカイウ属の多年草。南アフリカ原産で日本には江戸時代に入ってきたらしい。よく『カラー』と呼ばれるこの園芸栽培植物には湿地性と畑地性の2つのタイプがあり、湿地性の代表品種がオランダ海芋である。
ここに群生しているのは、誰かが植えたのだろうか。それとも何処かから球根が流れついて野生化したのだろうか。花びらのように白く見えるのは苞(ほう)と呼ばれる葉が変化したもので、サトイモ科特有の「仏炎苞」。花の本体は中心にある棒状の部分で肉穂(にくすい)と言う。画像の苞は少し育ち過ぎでヘタっている。
今日は今年初めてツバメを見た。

Mhome01
item2item5