L

アオサギ・・新川 2013.05.08 

コウノトリ目・サギ科・アオサギ属。『蒼鷺』 学名はArdea cinerea 英名はGrey Heron どちらも灰色のサギという意味。昔の日本では黒でも白でも赤でもない中間的な淡い色を「アオ」と表現した。この感覚は現代人の私でも何となく解る。
夕方、頭の上で「ギャッギャッ」と鳴く声がするので、空を見上げると大きな鳥が首をZ形に折り畳んで飛んでいた。その姿は何だか不格好。アオサギは日本で繁殖するサギ類の中では最大の鳥で、全長は90〜98cm、翼を広げた翼開長は175〜195cmで、大人が両腕を広げた長さよりも大きい。こんなに大きな鳥を身近に見ると、この辺りもまだまだ自然が残っているなと思うが、実はそうではなく、湖沼・水田・湿地等の減少に伴い、全国的にアオサギの生息域が人の生活圏にまで拡大している。そうなるとアオサギの被害というのも問題になっていて、糞害や悪臭、釣り池や養魚場などでの魚の食害が深刻化している。
 

Mhome01
item2item5