UV印刷とは?

インキの乾燥方法が大きく異なります。

通常の枚葉印刷の油性インキは、印刷後に自然乾燥(酸化重合)により乾燥しますので、最大では48時間もの乾燥時間が必要な場合もあります。
UV印刷では、UV(紫外線:Ultra Violetray)に反応して硬化するインキを使用します。印刷後に紫外線を照射して0.2〜0.3秒ほどで強制的に硬化乾燥します。

UV印刷のメリットは?

1.裏移りがない。

2.素材を選ばない。

3.印刷直後から後工程にかかれる。

4.インキ皮膜が固く摩擦に強い。

5.スプレーパウダーが不要。

6.インキに有機溶剤を含まない。

などです。

瞬間的にインキが硬化しますので、生産性が向上し納期が短縮できます。